たまごっちが死ぬ仕様に!?一体どういうことか!?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

実際に子供達の大好きなたまごっちですが、大人気ですよね。しかし、次から次へ新しい商品が現れるのですが、今回の新作はたまごっちが死なない仕様になっていたようですが、発売までには、今までと同様の死ぬ仕様になって復活するようです。

tamago.jpg

たごっちの仕組みですが、世話をする必要があり、世話をしない場合には、自分が可愛がっていたキャラクターが死んでしまうとような感じです。でも、実際に今の子供達は、忙しい日々を過ごしているので、出来ない日もあり可愛がっていたキャラクターが死んでしまうと逆にショックになり、死なない仕様にすると言うような考え方だったようです。

実際に、ショックな出来事の場合には、親も子供に与えることが出来ず、実際にゲームなのでそれで悲しむ自分の子供を見ていると与えることもできなくなってしまいます。

その結果、手紙を置いてお別れと言うような形だになっていたのですが、以前と同じ仕様になると言われています。どっちがいいのか。実際に、ペットなどを購入する事ができない家庭では特に人気となっているのですが、実際に可愛がらないと、世話をしないとと言うことを知ることができるので人気となっていますが、小学生の低学年の子供はそれを受け入れることが出来ないと言う問題もありますよね。

また、大事にしているものが、死んでしまうと言うことに対面すると実際に、人間でも生き返ると意識になってしまう可能性もありますよね。育生の楽しさを与えることは良いと思いますが、死なないできちんと世話をつづけることができる勉強ができるのもだといいですよね。

今の子供達は何でも手に入ると言う考え方の子供が多いので、飽きてしまう傾向にありますが、続けると言う意思を持つ事ができる仕組みになっていると嬉しいなと感じます。